top›無宗教のマナー

無宗教のマナー

<広告>

<広告>

日本のお葬式は何らかの宗教で行われていて、その9割以上が仏教式と言われています。しかし、宗教色のある葬儀はどうしても形式や作法が決まっていて、型通りのお葬式はしたくないという人も増えています。

江戸時代には、檀家制度があり、菩提寺は先祖から子孫へ継承され、代々菩提寺の住職にお葬式をあげてもらうのが当たり前でした。明治時代には、この檀家制度も廃止されましたが、信仰している、していないは別として、その家の宗教は存在してきました。

しかし「信仰していない宗教でお葬式をあげるのは、おかしい」と考える人が増えてきていることも確かです。故人の遺志や遺族の考えで、自由にできるのが宗教色のないお葬式です。いわば告別式だけのお葬式なので、故人の人柄が表現できる場でもあります。

例えば会場の雰囲気も、白木の祭壇ではなく故人の好きだった花壇にするとか、故人の趣味を展示するとか、いろいろな演出が考えられます。

しかし、この場合でも賛否両論あるのは覚悟しておく必要があります。「読経があるほうが荘厳でいい」とか思う人もなかにはいるでしょう。「無難」を選ぶか「らしさ」を選ぶかの選択かもしれません。

無宗教というのは宗教の否定ではなく、特定の宗教宗派の方式によらない、自由な葬儀のことです。自由葬とも呼ばれています。 慣れないお葬式の形式だと思いますが、無宗教のマナーは「とにかく形式にとらわれずに故人を偲ぶ」ことにあると思います。

<広告>

葬儀葬式金額コラム
葬儀費用はいくらかかるの? 葬儀費用を安く上げるには? 葬儀場でした葬儀費用 葬儀場でした葬儀のメリットとデメリット
直葬をした葬儀費用 直葬のメリットとデメリット 家族葬をした葬儀費用 家族葬のメリットとデメリット
家族葬と密葬の違い 葬儀費用の全国平均は236万円以上! 葬儀費用と相続税 葬儀費用と確定申告
葬儀費用は誰が払うの? 葬儀費用には補助金を活用しよう! 葬儀費用に含まれるもの、含まれないもの 葬儀費用の明細書
葬儀費用がない人はどうすればいいの? お寺に支払う葬儀費用 葬儀社に電話する前に考えておくこと 葬儀社選びのポイント
葬儀社に詳細な事前見積もりを取る 葬儀費用のカラクリ 低料金よりも見栄を取る人 葬儀を特別視しないこと
悪徳業者の常套句 互助会の仕組み 互助会でのトラブル 喪主の選び方
喪主の心構えと役割 何かわからないかもわからない!まず何をすればいいの? 葬儀前(危篤~納棺)の流れ お通夜の流れ
葬儀・告別式の流れ 葬儀後の流れ 生花・花輪・供物の頼み方 お布施と戒名のカラクリ
葬儀の規模と斎場選び 葬儀社のトラブル 葬儀社の特徴 死亡連絡の仕方
死亡診断書の依頼 遺体の引き取りと安置 死亡届けの提出 献体と臓器提供について
会葬礼状の書き方 弔電を打ち方 忌服・喪中の過ごし方 お通夜のマナー
葬儀・告別式のマナー 神式のマナー キリスト教のマナー 無宗教のマナー
葬儀挨拶のマナー 香典金額のマナー 葬式受付のマナー 社葬のマナー
法事のマナー 葬儀での服装 葬儀の持ち物 お焼香のマナー
香典返しのしきたり 墓参りのマナー お斎(会食)でのマナー 末期の水と遺体の清め方
もしお別れ会・偲ぶ会に招かれたら もし葬儀受付係を頼まれたら 人はどうしてお葬式をするの? 故人の尊厳て何だろう?
お葬式は誰のためにするの? エンディングノートはなぜ普及したの? 年金・生命保険の受給 遺言を残すということ
葬儀の要望についての遺言書 遺言が見つかったら 遺産のトラブル 故人名義財産の処理
相続とは? 相続の仕方とポイント 生活保護者の葬儀費用 納骨について
お盆とお彼岸 墓地について お墓はいくらするの? 仏壇について
仏壇の種類      

<広告>

<広告>