top›死亡診断書の依頼

死亡診断書の依頼

<広告>

<広告>

死亡診断書の依頼について説明をします。 人が死亡した場合、死亡診断書と死亡届が必要です。死亡診断書の用紙は、死亡届の用紙とセットなので、右半分が医師に死亡診断書を書いてもらい、左半分が死亡届になります。

病院で亡くなった場合、臨終に立ち会った医師が死亡診断書を書きます。自宅で亡くなった場合、死亡を確認した医師に死亡診断書を書いてもらいます。 用紙についてなのですが、病院や医師が用意してくれ、市区役所や葬儀社でももらう事が可能です。

事故死や変死や自殺といった場合は、警察の監察医によって検視が行われます。この時は、死亡診断書ではなく、死体検案書になります。

死亡届の提出は、人が亡くなった場合、戸籍上の手続きが死亡届になります。この時、戸籍を抹消されて、法律的な権利をすべて失います。 これにより、相続がスタートします。この後、保険や年金や相続などの諸手続きもしなければいけなくなります。

届け出用紙は、病院や葬儀社や市区町村役場などで手に入れる事ができます。 届け出の期間は、死亡した日から7日間以内です。

死亡届を提出しなければ、火葬の時に必要な死体火葬許可証を交付してもらう事ができません。そのため、葬儀をとり行う事ができません。必ず、死亡した当日から翌日に提出するようにしましょう。

届出人は、同居家族や親族以外の同居人か家主です。葬儀社に代行してもらう事が多いのですが、届出人と代行者の印鑑が必要になるので用意をしておきましょう。

届け出先は、死亡した人の本籍地や届出人の現在住所や死亡した場所のどれかの市区町村役場の戸籍係に提出します。日曜日や休日に関係なく24時間受け付けられています。

葬儀社を先に選び代行してもらえるのですが、葬儀内容や葬儀の規模によって葬儀金額は変わってきます。しかし、葬儀を行うためには、まずは、死亡診断書や死亡届が必要になりますので、気をつけましょう。

<広告>

葬儀葬式金額コラム
葬儀費用はいくらかかるの? 葬儀費用を安く上げるには? 葬儀場でした葬儀費用 葬儀場でした葬儀のメリットとデメリット
直葬をした葬儀費用 直葬のメリットとデメリット 家族葬をした葬儀費用 家族葬のメリットとデメリット
家族葬と密葬の違い 葬儀費用の全国平均は236万円以上! 葬儀費用と相続税 葬儀費用と確定申告
葬儀費用は誰が払うの? 葬儀費用には補助金を活用しよう! 葬儀費用に含まれるもの、含まれないもの 葬儀費用の明細書
葬儀費用がない人はどうすればいいの? お寺に支払う葬儀費用 葬儀社に電話する前に考えておくこと 葬儀社選びのポイント
葬儀社に詳細な事前見積もりを取る 葬儀費用のカラクリ 低料金よりも見栄を取る人 葬儀を特別視しないこと
悪徳業者の常套句 互助会の仕組み 互助会でのトラブル 喪主の選び方
喪主の心構えと役割 何かわからないかもわからない!まず何をすればいいの? 葬儀前(危篤~納棺)の流れ お通夜の流れ
葬儀・告別式の流れ 葬儀後の流れ 生花・花輪・供物の頼み方 お布施と戒名のカラクリ
葬儀の規模と斎場選び 葬儀社のトラブル 葬儀社の特徴 死亡連絡の仕方
死亡診断書の依頼 遺体の引き取りと安置 死亡届けの提出 献体と臓器提供について
会葬礼状の書き方 弔電を打ち方 忌服・喪中の過ごし方 お通夜のマナー
葬儀・告別式のマナー 神式のマナー キリスト教のマナー 無宗教のマナー
葬儀挨拶のマナー 香典金額のマナー 葬式受付のマナー 社葬のマナー
法事のマナー 葬儀での服装 葬儀の持ち物 お焼香のマナー
香典返しのしきたり 墓参りのマナー お斎(会食)でのマナー 末期の水と遺体の清め方
もしお別れ会・偲ぶ会に招かれたら もし葬儀受付係を頼まれたら 人はどうしてお葬式をするの? 故人の尊厳て何だろう?
お葬式は誰のためにするの? エンディングノートはなぜ普及したの? 年金・生命保険の受給 遺言を残すということ
葬儀の要望についての遺言書 遺言が見つかったら 遺産のトラブル 故人名義財産の処理
相続とは? 相続の仕方とポイント 生活保護者の葬儀費用 納骨について
お盆とお彼岸 墓地について お墓はいくらするの? 仏壇について
仏壇の種類      

<広告>

<広告>