top›葬儀費用がない人はどうすればいいの?

葬儀費用がない人はどうすればいいの?

<広告>

<広告>

ひっそり家族だけでするにしても、葬儀屋を手配した場合でも20万円から30万円の費用が必要となります。主なものとして、棺、骨壷、役所の手続、遺体搬送、遺体処理などです。病院からの運搬、火葬場の手続き、それに伴った手続きなどを考えると やはり葬儀社は通さなければ難しいかもしれません。

その中で 一番安くすませるのだとしたら、火葬のみという方法があります 公共施設の火葬場の利用は、その自治体の人の場合、無料、あるいは数千円がほとんどです。

また、公的な埋葬料を受け取ることもできます。 健康保険(国民健康保険以外)に加入していた本人がなくなった場合には、埋葬料として一律5万円を受け取ることができます。

また、加入している本人の扶養家族が死亡した場合は、家族埋葬料として5万円を受け取ることができます。 埋葬料の受取の手続きは、申告制になっていますので、社会保険事務所、または勤務先が加入している健康保険組合に、所定の書類を提出して申請します。

国民健康保険に加入していた本人や扶養家族が死亡した場合、葬式費用として、一定の金額が支給されます。 もらえる金額については、3万円~7万円までと、市区町村により差があります。手続きする窓口は、役所の国民健康保険課です。 手続きに必要なものは、健康保険証、印鑑。振込先口座番号、葬儀費用の領収書などです。

市区町村によっては、この他に会葬礼状や喪主が彼かわかるものを提出するよう求められることもあるようです。あらかじめ国民健康保険課に確認しておきましょう。

健康保険も、国民健康保険も申請がない以上、支給されることはありませんので注意しましょう。また、申請期間は亡くなったから2年以内となっています。 生活保護家庭の場合、葬祭扶助が支給されます。

<広告>

葬儀葬式金額コラム
葬儀費用はいくらかかるの? 葬儀費用を安く上げるには? 葬儀場でした葬儀費用 葬儀場でした葬儀のメリットとデメリット
直葬をした葬儀費用 直葬のメリットとデメリット 家族葬をした葬儀費用 家族葬のメリットとデメリット
家族葬と密葬の違い 葬儀費用の全国平均は236万円以上! 葬儀費用と相続税 葬儀費用と確定申告
葬儀費用は誰が払うの? 葬儀費用には補助金を活用しよう! 葬儀費用に含まれるもの、含まれないもの 葬儀費用の明細書
葬儀費用がない人はどうすればいいの? お寺に支払う葬儀費用 葬儀社に電話する前に考えておくこと 葬儀社選びのポイント
葬儀社に詳細な事前見積もりを取る 葬儀費用のカラクリ 低料金よりも見栄を取る人 葬儀を特別視しないこと
悪徳業者の常套句 互助会の仕組み 互助会でのトラブル 喪主の選び方
喪主の心構えと役割 何かわからないかもわからない!まず何をすればいいの? 葬儀前(危篤~納棺)の流れ お通夜の流れ
葬儀・告別式の流れ 葬儀後の流れ 生花・花輪・供物の頼み方 お布施と戒名のカラクリ
葬儀の規模と斎場選び 葬儀社のトラブル 葬儀社の特徴 死亡連絡の仕方
死亡診断書の依頼 遺体の引き取りと安置 死亡届けの提出 献体と臓器提供について
会葬礼状の書き方 弔電を打ち方 忌服・喪中の過ごし方 お通夜のマナー
葬儀・告別式のマナー 神式のマナー キリスト教のマナー 無宗教のマナー
葬儀挨拶のマナー 香典金額のマナー 葬式受付のマナー 社葬のマナー
法事のマナー 葬儀での服装 葬儀の持ち物 お焼香のマナー
香典返しのしきたり 墓参りのマナー お斎(会食)でのマナー 末期の水と遺体の清め方
もしお別れ会・偲ぶ会に招かれたら もし葬儀受付係を頼まれたら 人はどうしてお葬式をするの? 故人の尊厳て何だろう?
お葬式は誰のためにするの? エンディングノートはなぜ普及したの? 年金・生命保険の受給 遺言を残すということ
葬儀の要望についての遺言書 遺言が見つかったら 遺産のトラブル 故人名義財産の処理
相続とは? 相続の仕方とポイント 生活保護者の葬儀費用 納骨について
お盆とお彼岸 墓地について お墓はいくらするの? 仏壇について
仏壇の種類      

<広告>

<広告>